HOME >着物のお手入れ1
外から帰ってきたら
着物が汚れていたら
着物をしまうには
小物のお手入れも忘れずに

12 | 次のページへ>>

干して風を通す着物や帯、長襦袢は脱いだらすぐにしまわず、体温のむくもりや汗などの湿気を取ります。和装用のハンガーにかけて、風通しのよいところに半日ほどかけておきます。日に当てると変色することもありますので必ず日陰に干します。

ハンガーに下げることで、帯しわや座りしわ、結びしわがたいてい伸びます。目に見えないほこりをそのままにしておくと、色焼けの原因になります。まず軽く手ではたいて大まかなほこりを落とします。次に肩、袖口、裾などの細かいほこりを、布目に沿って丁寧にはたきます。正絹などのデリケートな着物はビロードなどのやわらかい布で、紬やウールなどの着物は柔らかいブラシを使います。

しみ、汚れの点検
ほこりを払いながら、しみや汚れがないかチェックします。しみや汚れは時間がたつほど落ちにくくなるので、早めに手入れをすることが大切です。簡単な汚れは家でも扱えますが、原因のはっきりしないものや大きなしみは専門家に任せます。最も汚れやすい半衿、袖口、裾の簡単な汚れは着物の裏に白い布を当て、ベンジンを含ませたガーゼや真綿でたたくようにして落とします。輪じみができないように、大きく全体にぼかすようにたたくのがポイントです。また、布地がけばだってしまうのでこすらないように気をつけます。

裾の泥はねは、濡れているときに手入れをすると余計に汚れを広げてしまいます。完全に乾いてから、軽く手でもんだり、やわらかいブラシでこすって落とします。汗じみは、そのままにしておくと黄色に変色してしまうので早めに処理します。汗をかいた部分に表と裏から濡れタオルを当て軽くたたくようにします。

アイロンをかける
着物の脇、帯の下、ひざの部分のしわや、帯のしわは、干すだけでは伸びにくいものです。伸びなかったしわはアイロンをかけて伸ばします。アイロンは必ず当て布をして、低い温度で裏側からかけます。スチームアイロンは禁物です。深いしわがなかなか消えないときは、着物にのせる前の当て布に霧吹きをかけます。着物に当て布を載せたままで、直接霧吹きをかけないようにきをつけましょう。

家庭で丸洗い。ゆかたや普段着のウール、化繊の着物は家で丸洗いができます。丸洗いは着物をほどかずにそのままの状態で全体を洗えるもので、生き洗いともいわれます。中性洗剤を溶かしたぬるま湯に着物をしばらくつけておき、その後で押し洗いをします。襟、袖口、裾などの汚れは、柔らかいブラシに洗剤をつけ軽くこすりながら洗います。すすぎは何回も水を替え、洗剤をを完全に落とします。すすぎ終わったら、型くずれしないように板の上で着物をたたみ手で押して水分を取ります。

干すときは必ず陰干しに、ゆかたは軽く糊付けをして仕上げます。それ以外の着物は、クリーニングに出します。「京洗い」や「生き洗い」という看板のあるお店に頼むのが安心です。京洗いは特殊加工をするので変色の心配がありません。呉服店でも受け付けてくれます。

洗い張りに出す
一般的に着物の風合いを損ねない為にもクリーニングは3回までが限度といわれています。そのあとは、洗い張りをしてもらいます。洗い張りとは、着物をほどいて反物の状態にしてから全体を洗う方法です。少し費用がかかりますが、型崩れも直り、新品同様になります。

しみの応急処置
しみは早めに処置が望ましいのですが、不適切な場所ではかえって落ちにくくしてしまいます。できるだけ一週間以内に専門店に頼みましょう。しかし、中にはその場の処置で落ちるものもあります。簡単な応急処置方法を覚えておきましょう。しょうゆやジュースがついてしまったらしみの下にハンカチを当て、上から濡れたハンカチでたたくか、しばらく当てて汚れを吸い取らせます。こすったり、お湯を使ったりしてはいけません。小さめのハンカチを2枚持ち歩くと便利です。自分で染み抜きをする場合は、失敗しても惜しくないものだけにします。水溶性のしみは、応急処置の要領でたたいたあと、中性洗剤をしみこませたガーゼでつまむようにふき、さらに水で絞ったガーゼでつまむようにふき、さらに水で絞ったガーゼで何度もふきます。油性のしみは、ベンジンを使います。まず、着物の色が落ちないか確かめます。タオルの上にしみの部分をのせ、べんじんをつけた綿棒でたたきます。その後、ぬるま湯で固く絞ったガーゼでたたいておきます。


12 | 次のページへ>>