HOME >着物用語
表着と下着の間に着るきもののこと。もともとは、武家の女性が打ち掛けの下に着ていた小紬のことを言ったが、現在では、打ち掛けと共に花嫁衣装として用いられ、掛け下と呼ばれている。
夏の着物専用の肌着で、汗取りとも言われる。汗が着物に直接付かないようにするための、晒木綿(さらしもめん)やタオル地で作られた胴回りだけの肌着
繰り上がっている白生地に後から染めて柄をつけることをいわれる。友禅染め、紅型、小紋染め、絞り染め、などが代表的で、振袖、訪問着、小紋などに用いられる。
雨の日に外出のときに着る和装用のコート。地紋のある繻子織の縞や無地のものが多く、防水加工が施されている。夏用には、紋紗などが用いられている。
仕立てるときに、裏布を付けて縫い合わせる着物のこと。裏には胴裏と裾回しを付ける。
帯の一種で、表と裏に異なる布地を使って縫い合わせた帯のこと。現在は、普段着の帯として用いられている。
裏をつけて縫い合わせた羽織のこと。
着物と羽織を、同じ柄や布地で仕立てたもの。ウールや紬に多く、同じ柄でも大きさを変えたり、色を変えたりしたものもある。
襠(まち)のない袴のこと。男性の普段着用で、明治時代には、女学生の制服にも用いられていた。形が行灯に似ているためこのように呼ばれている。
絹織物の一種。金糸や銀糸、その他各種の色糸を用いて豪華に織り上げられた織物。丸帯や袋帯などに用いられている。産地は、京都の西陣や群馬の桐生。
色の付いた半衿で、刺繍や絞りなどが施されているもの。衿元が明るく華やかな印象になる。
色の付いた足袋のこと。普段着や趣味的な着物に合わせる。
地色が色物の振袖。地色が黒のものを黒振袖。
七五三のときの女児の祝い帯に用いられる丸帯のこと。また、婚礼に用いられる丸帯のこともいう場合もある。
お宮参り、七五三、十三参り、結婚式、還暦のお祝い時に着る着物の総称。
七五三のときの男児がはく袴のこと。一般的には、紋織や縞を用いるが、羽織と同じ羽二重を用いる場合もある。
絽や紗などの、細い糸で織り上げた薄い地風の絹織物の総称。主に、夏用の着物にも用いられる。
絽や紗などの透ける布地の総称。風通しをよくするため、経糸(たていと)や緯糸(よこいと)の密度をあらくしたり、柄や色でも涼しさを表している。
絽や紗などの薄物の仕立て方法。薄物の仕立ては、縫い目が伸びたり、つれたり、また透けてしまうため縫い代の始末が難しく高度な技術を要する。
女性用礼服の一種で、帯をつけた着物の上にはおって着る着物。現在は、花嫁衣裳として用いられている。
広衿仕立てのとき、衿をしっかりさせて厚みをつけるためや、衿幅の不足を補う為に裏面につける布。
着物の模様付けの一種で、裾の裏側の両褄にだけ付けたもの。
左身頃の前身の部分の名称。着物を着て前身頃を合わせたときに、上になるところ。
着物の模様付けの一種。裾まわしは、表と関連のある模様を簡略化して付ける。上半身には、模様を付けず、上前と下前の衽(おくみ)から前身にかけて模様を付ける。戦後は、後身頃にも模様付けするようになった。模様は、松竹梅、鶴亀、四君子などの伝統的な吉祥文様が多く用いられる。
着物の模様付けの一種。着物全体の模様が一枚の絵のようになっているもの。白生地のまま仮縫いされた着物に、模様の下絵を描き、仮縫いをほどいて模様付けをしていく。高級着物用のため、模様は豪華で格調高く上品なものが多い。
衿の首の後ろの部分の名称。
身丈より長い部分を胴部でたくし上げた部分。江戸時代には身丈を長くして引きずって着ていたが、明治時代からは長い部分を腰紐でたくし上げて着るようになった。
女性用の袴で、襠(まち)の行灯袴のこと。
手描き友禅の一つで、加賀の金沢で作られている。藍、黄土、えんじ、緑、墨の加賀五彩と呼ばれる色を基調色としている。濃い色を外側から内側へと薄い色にしてくぼかしと、墨色の点で葉などの模様に描く虫食いの特徴的な技法である。
男帯の一種で、かたく幅のせまい帯のことを言う。折り目が正しく、布地は締まった地風のものが適している
衿の汚れを防ぐ為に本衿の上にあらかじめ掛ける衿のこと。
打ち掛けの下に着る振袖のことで、現在は花嫁衣装に用いられる打ち掛けの下に着る着物のことを言う。
 肩山を中心に、前身頃から後ろ身頃にかけて、縫いつまみあげる方法。子供の着物など、あらかじめ大きく作っておいて、身長にあわせて揚げて調節できる。
肩と裾だけに模様を付けてある小紬の模様付けの名称。
縁起がよく、めでたいことを表す文様。鳳凰、鶴亀、松竹梅、宝舟など。
入り口にひもを通して縫い絞った形の袋状の物入れのこと。
和装用の物差し。江戸時代には鯨の髭で作られていた。一尺は曲尺の一尺二寸五分にあたる。
腰のところで着物を縫いつまんで着丈を調節すること。子供の着物に用いられることがある
男袴の後ろ部分にある台形部分の名称。
着付けのときに、着崩れしないよう形を整えるために結ぶ幅のせまいひも。
奈良時代に外国から入ってきた文様や、日本独自の文様で、伝統的な文様の総称。
足袋の合わせ目や袋物の蓋を留めるのに用いる爪方の留め金のこと。
原料糸を染色してから織物を織ること。紬などが代表的。普段着として用いられる。
綿織物の一種で、漂白した綿織物。着尺幅で、平織りの綿布を晒したもの。
模様を織りだしたものや、模様染めの地になっている布のこと。
扱帯の略。一幅の布を並幅のままで縫わずにしごいて締める帯。花嫁衣裳や七五三の祝い着に装飾用に用いられる。
着物を合わせたとき、下前になるなる右前身頃のこと。
布地が持っている風合いのこと。
和服用の下着で長襦袢の裾の汚れを防ぐ為に腰に巻きつけて用いる。
織物の縦に織られている糸。
着物を二枚重ねて着ているように見せるため、着物の衿に重ねる衿のこと。重ね衿ともいう。
厚手の和紙などで作られた衣服の包装紙。着物の保管に用いられる。
羽織や単の着物を仕立てるときにほつれを防ぐなどの補強の目的で、衿肩あきのところにつける櫛形やハート形の小布のこと。
表と裏に異なった布地を使い、芯を入れて縫い合わせた帯のこと。
比翼仕立ての簡略化したもの。着物の裏に下着の布を縫い付けて、二枚重ねて着ているようにみせたもの。 取り外しが自由にできる。
袷の着物の裏部分で裾回しの部分を除いたもの。
着物の汚れを防ぐ為、衿の上にさらに同じ布地で重ねた衿のこと。掛け衿ともいわれる。
羽織やコート以外の着物全般のこと。裏を付けて仕立てる袷、裏をつけない単、綿入れなどがある。
和服用反物の一般に用いられている幅。幅は36センチから38センチくらい。
衿の後ろの首の部分を引き下げる粋な着方。
袴の下に締める帯のこと。後ろの結び目の上に袴をのせて安定させ、形よく見せるための帯。
江戸時代に、女性が紙、櫛、楊枝、小銭などを入れて懐に入れていた小物入れ。現在は、花嫁衣裳や七五三の祝い着に装飾用として用いられている。
女性用の袷の長着や綿入れなどの袖口や裾の裏に付ける布地のこと。または、裾回しともいう。
長襦袢の衿に装飾用に重ねられた掛け衿のこと。
和装用の丈の短い、外出用にはおる上着。
帯幅が半分の女帯の一種。幅が14センチから15センチくらいのもの。帯揚げ、帯留めは使わない。
裏を付けずに仕立てた着物。
袖口、振り、衿、裾に下着の布を縫い付けて二枚重ねて着ているように仕立てたもの。
女性の着物の衿の一種。普通の衿幅の2倍に仕立て、着用するときに自由におって調節できる。着崩れしにくい。
衿や綿入れの裾や袖口の裏布を表に返して縁のように縫ってある部分。
羽織や袴などを着やすくするため、身幅にゆとりがでるように布幅に補う布地のこと。
女性用、子供用着物の身頃の両脇の袖付き留まりから脇縫い留まりまでの、あいている部分の名称。
布地の染め直し方法の一種。色抜きをせずに同系色か異系色の染料を用いて上染めする更正染めのこと。
装飾として施される様々な形象のこと。
弓矢の羽根に似ている絣柄の名称。明治時代に女学生の袴下の着物に用いられた。
平安時代から、公家の装束用織物につけられた文様。亀甲文、鳳凰文、雲鶴文などがあり、幾何学的な構成の中に格調高い上品さがある
織物の横方向に織られている糸。経糸と直角に交わっている。
着物に裏を付けて、その中に綿を入れたものの総称。