HOME >着物の種類1

12 | 3次のページへ>>

既婚女性の第一礼装五つ紋付の黒地裾模様黒留袖は祝儀の為のフォーマルな着物。黒地の着物の背中心に、両腕、両外袖の五か所に紋を染め抜き、裾に模様を描いた着物です。現代では、黒留袖は、結婚式や披露宴に出席する新郎新婦の母親、仲人夫人、そして親族の既婚女性が着用します。

黒留袖の生地と仕立て
留袖の生地は主に一越縮緬が用いられ、共八掛(裏地の裾模様が表地と同じ生地)がついています。本来は、白羽二重の着物(下着)を重ねて着ていましたが、近年は着やすくする為、襟や袖口,振り、衽を二枚重ねたように仕立てる比翼仕立て(付け比翼)にします。

黒留袖の文様
黒留袖の文様は裾だけにありますが、縫い目で模様が途切れない絵羽模様になっています。この模様は、華やかさを出す為、染め、箔、刺繍を用いた吉祥文様や有職文様、正倉院文様など品格のある文様の中から着る人の年代や、個性によって選びます。色づかいが、地味で文様が小さめ位置が低めのものほど年配者向けになります。

帯の選び方
金地、銀地、白地の錦織や唐織の袋帯で、文様は黒留袖と調和を考えて選びます。小物は白で統一し、帯揚げや帯締め、半襟、長襦袢は必ず白を用います。着物の礼装で忘れてはならならないのが、末広(扇子)です。黒留袖には、黒骨(木の部分が黒塗りのもの)で、金銀地紙の末広を持ちます。

未婚女性も着る第一礼装五つ紋付色留袖は黒留袖と同格で、未婚女性の第一礼装です。

色留袖と紋
日本の礼装、準礼装は紋の数や種類によって、基本的な格式があります。黒留袖は五つ紋と決まっていますが、色留袖は五つ紋のほかに三つ紋や一つ紋をつける場合もあります。結婚式や披露宴では慣例的に新郎新婦の母親や仲人夫人は黒留袖を着ますが、親族の女性は色留袖を着ることもあります。とくに、新郎新婦の姉妹で二十、三十台のかたや、祖母やおばにあたるかたの色留袖はよいもの。主賓や来賓の女性の場合は、色留袖がもっとも礼を尽くした装いになります。色留袖は、三つ紋や一つ紋にすると、準礼装になり格式ある茶会や結婚披露宴、パーティなど装う場所が広がります。

色留袖の仕立てと文様
五つ紋をつけるなら、黒留袖同様比翼仕立てになります。三つ紋や一つ紋の場合、比翼はつけずに仕立て、伊達襟などでおしゃれを楽しみます。文様は、黒留袖と同様格式ある文様だけでなく、格式よりも優美さや華やかさにポイントを置いた文様も多く見られます。コーディネートの小物には五つ紋付は黒留袖に準じます。三つ紋一つ紋の場合、伊達襟、帯揚げ、帯締め、白のほかに上品な色を使います。

未婚女性の第一礼装。ときには、社交着としても着用華麗な文様で、袖丈も長い振袖は未婚女性の第一礼装です。袖丈が長いほど格調が高く改まった感じになります。振袖は、第一礼装の為五つ紋をつけるのが本来ですが、現代では三つ紋、一つ紋の略式でも、無紋でも晴れ着として差し支えありません。

振袖の生地や文様
振袖の生地は、縮緬のほか綸子や緞子など光沢のあるものや、地紋に吉祥文様を織り出した紋意匠も多く見られます。振袖も染織技法は多種多様で、友禅染をはじめとして、絞り染め、型染め、刺繍、などなどです。模様のつけ方は、仮仕立てをして模様づけする本来の華麗な絵羽模様のものと反物のまま模様付けした飛び柄のような比較的シンプルなものまであります。どちらも、仮仕立てで売られています。

小物類・帯
変わり結びができるように、全通(道し柄)や六通(隠れる部分は文様のないもの)の袋帯を選びます。伊達襟、帯揚げ、帯締めなどは振袖の色に合わせて、赤や黄色緑などはっきりした色から選び、帯揚げは総絞り、帯締めも幅広の開組や丸組の金糸入りなどを選びます。


12 | 3次のページへ>>