HOME >着物の種類1>着物の種類2

<<前のページへ戻る123次のページへ>>

未婚、既婚を問わず着られる絵羽模様の社交着。訪問着は、色留袖の次にフォーマルで、おしゃれの要素を持った準礼装の着物です。英語の、ビジティングドレスと同格の着物として明治時代に「訪問服」と名づけられたのが訪問着です。公式な訪問用でしたので、昔は三つ紋をつけましたが。現在ではさらに略式にして一つ紋をつけたり、紋を省略して仕立て、披露宴やパーティ。見合いや結納、茶会などに未婚既婚問わず着られる着物です。

訪問着の生地・文様
縮緬、綸子、椴子、羽二重、紋意匠、紬、絽、紗などの生地に、絵羽模様で肩、袖、裾、または全体に文様をおいたものなどさまざまです。伝統的な古典模様はじめ抽象的な現代柄まで多種多様で、染色作家の個性を生かして描かれた作家ものの訪問着も数多く見られます。

コーディネート
訪問着に合わせる帯は、留袖同様袋帯を用います。クラシックな着物には古典の帯を現代調の着物には、着物の柄を邪魔しない帯を選ぶとよいでしょう。訪問着は、当初下着(表着の下に着る着物)を合わせてきた着物なので比翼仕立てにするか伊達襟を合わせて着ますが、訪問着の文様や、着る人の好みで伊達襟を合わせずに着ることもあります。袖口から見える長襦袢は意外に目立つので、白地や薄い色の訪問着は着物より薄い色の長襦袢をあわせます。一般的には、淡いピンクや水色、藤色などの色を選ぶと無難です。帯揚げは、淡い色の上品なもの、帯締めも薄色に金糸などの平組みなどが合うでしょう。

訪問着の略式。小紋よりよそゆきの社交着付け下げは訪問着を簡略化した、訪問着より気軽で小紋より格の高い染めの着物です。

付け下げの特徴
左右の身頃や肩から袖にかけて模様がつながってないことです。付け下げとは、華美な訪問着が禁止された戦時かに考案された模様付けの方法、またはそのきもののことで、訪問着のように仮仕立てにして絵羽模様を描かず、反物の状態で、着たときに模様が全部上を向くように描かれた着物です。その後、大変人気が出た為、上前の衽と前身頃の縫い目で模様がつながるように改善され付け下げ訪問着と呼ばれる華やかな付け下げもできました。このように、付け下げには洒落た絵柄がポイントの箇所だけにあるものや華やかな模様のものもあり人気のある着物です。

着ていける場所
披露宴やパーティなど訪問着と変わらず、しかも訪問着より求めやすい価格であること、洋服のシンプルなセンスに慣れた人にも親しみやすいことなどが人気のあるポイントです。付け下げは、基本的には巻いた反物の状態で店頭に並べられていますが、着物になったときの雰囲気わかるように仮仕立てにして並べてあるものもあります。

生地や染織方法
縮緬や綸子、紋意匠などに染められた付け下げのほか、結城紬や大島紬をはじめ、作家ものの草木染め紬などにも付け下げ柄が見られます。織りの着物の付け下げ柄は、着物ファンとして、観劇や会合などに着られています。そのほか絞り染めや刺繍を施した付け下げもあり、技法や文様の種類が驚くほど豊富です。付け下げは、準礼装の中でもくだけたものですから紋はなくても大丈夫でしょう。

コーディネート
帯は、付け下げ文様の軽重や着ていく場所によって変わりますが、袋帯から織り名古屋、または染め名古屋でも似合います。

無地染めの着物。紋をつけて慶弔両用の準礼装に色無地は多彩な模様染めとは違い、用途によって使い分けることができる利用範囲の広い一色染めの着物です。

色無地の格式
人生の節目となる大切な時期にまとわれてきたのが無地染めの着物(色無地)です。たとえば、花嫁の白無垢や喪服の黒無地、またかつては女学生の卒業式には五つ紋の黒無地か色無地に袴が式服でした。現代でも、卒入学式、七五三などに付き添う母親には一つ紋の色無地が便利ですし、茶席でも一つ紋の色無地を着ることが多く、茶人にとっても色無地は欠かせない着物です。

生地
色無地には、一越縮緬や古代縮緬、紬のように地紋がないものと、綸子や紋意匠のように地紋があるものが使われています。当然のことですが、明るく華やかな色は慶事に、両用にする場合は紫、藍、緑、ねずみ系の色を選びましょう。

色無地と紋の関係
色無地に五つ紋をつけると、非常に改まった式服になり三つ紋をつけると無数の訪問着より格が上の準礼装となります。一つ紋の色無地は一つ紋の訪問着より略式になりますが、色無地には訪問着とは違った品格があります。さらに、色無地は紋のおしゃれが映える着物です。染め抜き紋やる略式の縫い紋で家紋を表現するのが一般的ですが、友禅染や華やかな刺繍の洒落紋を置くと、ことのほか映えて、品格と華やかさを青なえておしゃれが楽しめます。

コーディネート
一枚の着物が、帯や着物で見違えるほど印象が変わるのも色無地の着物の特徴です。五つ紋付や三つ紋付は色留袖に準じていて、一つ紋つきは訪問着や付け下げに準じて帯や小物をそろえましょう。


<<前のページへ戻る123次のページへ>>