<<前のページへ戻る12 | 3

洒落着と楽しむ型染めの着物。ちょっとしたお出かけに着物を着たいという人にとって、小紋はとても便利な着物でワンピースみたいな着物です。

模様
繰り返し模様の型染め(まれに手描きもあります)の着物を小紋といい、洋服でいえばシルクのプリント柄ワンピースのような存在。訪問着や付け下げを着ていくほどではないけれども、ちょっとお洒落をしたいときに重宝する着物です。たとえば、観劇、クラス会、休日の外出、月釜の茶会、軽いパーティなど、小紋を着て出掛ける機会はたくさんあります。

いろんな小紋
小紋は縮緬や綸子、時に紬地に染められます。小紋といえばまず、華やかな京友禅を想像するかもしれませんが、ほかにも、江戸小紋や、加賀小紋、紅型、更紗型、ロウケツ染め、絞り染めなど、さまざまな技法で染められた小紋があります。この中で、江戸小紋や加賀小紋は、一つ紋をつければ他の小紋よりずっと格があがり、一つ紋付の色無地に準じる着物になります。

コーディネート
小紋は帯や小物の組み合わせで様々な着こなしが楽しめます。伝統的な組み合わせでは「染めの着物に織りの帯」といわれましたが、最近は小紋に染め帯で季節感を出して、やわらかく装うことも多くなりました。軽いパーティやお正月のあいさつ回りなどには、袋帯や織りの名古屋帯を合わせると改まった雰囲気になりますし、観劇や食事会などの、お洒落に着こなしたいときは染めの名古屋帯を合わせてみましょう。帯揚げや帯締めは、帯に合わせて選びますが、よそゆきには淡い色を、カジュアルに着るなら濃い目の色を用いたりしてみましょう。

洒落着として楽しむ織りの着物。紬を着こなしてこそ着物好き、といわれるほど、紬は着る人の個性をよく表現するお洒落な着物です。

特徴
紬は先染めの着物の代表。紬は普通、糸の状態で染めてから反物に織る「先染め」の着物です。つまり、紬の模様は、訪問着や小紋のように白生地に模様を染めたものではなく、色糸で織られた織り柄です。しかし、なかには紬糸を染めずに反物に織ってから模様を染めた「後染め」の紬もあります。また、最近では織り柄の紬(先染めの紬)でも、絵羽模様のものが制作されています。かつて、紬の多くは、養蚕農家が商品化できない繭糸を使って織ったことから、長い間、普段着とされてきました。しかし、現在はその伝統技術が高く評価され、後染めの紬や、訪問着形態の先染め紬も、生産されるようになって紬は、普段着から洒落着、さらに社交着という広がりのある着物になりました。全国各地で生産される紬は、普通、産地の名前で呼ばれます。紬糸とは、真綿(糸にできない葛繭を原料に綿状にしたもの)をつむいで糸にしたもので、結城紬はじめ、多くの紬がこの紬糸を使います。しかし、なかには大島紬や黄八丈のように絹糸で織られていても、先染めなのでつむぎと呼ばれる織物もあります。

コーディネート
帯は染め名古屋帯か金銀の入らない織りの名古屋帯を合わせます。染め帯を合わせるとカジュアルになります。帯揚げや帯締めは、帯の反対色や全体を引き締める色を選びます。

盛夏に着る木綿のくつろぎ着、遊び着 気軽に着物の気分が味わえる浴衣は、真夏の遊び着として人気です。浴衣のルーツは、 貴人が入浴のときに着た湯帷子(ゆかたびら)

江戸時代になると、木綿の浴衣が湯上りのきものとして流行し、やがて夏のくつろぎ着になりました。今では、夏の遊び着や街着としても着られています。紺白浴衣と色もの浴衣江戸時代からの伝統を受け継ぐ浴衣は、藍地に白、白地に藍で染められています。

素材は、綿コーマと呼ばれる平織りの木綿のほか、綿絽、綿紅梅、綿紬など。こんな、藍白浴衣の模様は、「浴衣柄」と呼ばれる伝統模様。秋草、朝顔、とんぼ、流水、団扇、歌舞伎柄など、季節を先取りしたり、見る人に清涼感をあたえたり江戸の好みを表現したカジュアルな模様です。一方、最近の浴衣ブームで、洋服ブランドやデザイナーズブランドも浴衣を手がけるようになり今ではすっかり定着しています。その模様は、伝統的な浴衣柄だけでなく、小紋風の模様をアレンジしたり、洋服の花柄や、幾何学柄を生かして、各ブランドならではの色使いをしています。浴衣は、家庭で着るなら、素肌に直接着ればいいのですが、外出には、肌襦袢と裾除けをつけます。


<<前のページへ戻る12 | 3