HOME >着物Q&A1
卒業式に袴をはきたいのですが合わせる着物に決まりはあるのでしょうか?
黒留袖と色留袖の違いは?結婚式以外には?
結納の日はやはり着物を着るべきなのでしょうか?また、どんな着物がよいのでしょうか?
草履を買うときにサイズはどのように決めたらよいのでしょうか?
結婚するにあたって留袖を作ろうと思いますがどちらの紋にすべきでしょうか?
訪問着と付け下げはどのような違いがあるのでしょうか?
雨の日に着物を着る場合必要なものを教えてください
衣紋の抜きかげんは多少違ってもおかしくないでしょうか?
仕立てを頼むときにどんなことに注意をしたらよいですか?

12 | 次のページへ>>

明治時代初期、女子学制服に袴が用いられるようになりました。袴は式服として着るときは紋付の着物を合わせ、通学には矢絣などを合わせ、ちょっとしたお呼ばれには、振袖や小振袖をあわせていました。 卒業式ですから本来は、色紋付などがふさわしいのですが、式の後に謝恩会が行われる場合には、振袖を合わせる人も多いようです。鮫小紋や京小紋も可愛らしく、また矢絣も学生らしく人気があります。 組み合わせる伊達襟や袴下帯の色によっても、少しずつ雰囲気が変わってきます。 自分に一番あった袴姿で、素敵な1日を過ごしてください。
 留袖は、五つ紋付の振袖を着てお嫁に行き、子供が生まれて初めて嫁ぎ先の家族の一員となったということで、振袖の「振り」を留めたことから「留袖」という名称が生まれました。このような由来から、留袖は既婚女性の第一礼装となります。無地裾模様で、染め抜き五つ紋付であれば、地色が黒か色かという違いだけで、黒留袖と色留袖は同格です。一般に、黒留袖は、結婚式や披露宴に列席する新郎新婦の母親や親族が着るものとされています。 ですから、さしあたって身内の結婚式などの予定がない場合は、結婚するときに急いで買い揃える必要はなく、仲人役をする年代になってから求めたほうがよいでしょう。一方、色留袖は黒留袖の略服として用いられることが多く、略式の一つ紋や三つ紋にし、紋の表現も日向紋にこだわらず陰紋などにすると、結婚式だけに限らず、各種パーティやお茶会などに着る範囲も広がります。
結納は婚約がととのったという一種の儀式です。お2人のご両親だけなど出席する人数も少なく内輪だけの儀式 として行うものですが、やはりそれにふさわしい装いが必要となります。一般には、振袖を着る人が 多いようです。また、訪問着や、色無地紋付もよいでしょう。色無地の着物は一枚作っておけば、結婚してから もいろいろなパーティや儀式に着ることができ、大変重宝します。お母様も、着物を着るのでしたら、やはり 訪問着や色無地などがふさわしく、本により控えめにします。
ふだんの靴のサイズよりワンサイズ下のサイズを選ぶようにします。かかとが草履から1センチくらい出るものが適当です。足を一番きれいに見せ、全体的にしまって見えます。必ずその場ではいてみて、鼻緒がきつすぎるようでしたらお店でゆるめてもらいます。慣れない草履で歩くのは大変なことですから、履きやすいものを選ぶようにしましょう。
以前は嫁ぎ先、関西では実家の紋を付けるという風習があったようです。しかし、現在ではそういった風習も 薄れていますので、先方と相談の上決めたほうがよいでしょう。一般に実家で用意したものであれば実家の紋にしますし、結婚してから作るのであれば当然嫁ぎ先の紋をつけます。黒留袖には、染め抜きの五つ紋ですが、色留袖でしたら三つ紋でもかまいません。

12 | 次のページへ>>